じゅーんのブログ

30代独身女が色々と挑戦するはなし

いつもバタバタしている方へゆとりを持った朝の準備方法

スケジュールを組み立ててもその通りにいかない。

そもそもスケジュール管理が出来ていないという人は、多いはずです。

元々私もスケジュール管理が下手な方だったので、気持ちはとても分かります。

でも今は、朝の時間もゆとりを持って生活することが出来ています。

朝の時間にゆとりが持てると、その次の行動にも影響してきます。

是非このブログを見てくださっている方にも、味わって頂きたいので

そこで私が成功した、スケジュール管理の方法を紹介します。

 

人との約束・仕事や学校への出勤時間が、いつもバタバタになるという方に是非試して貰いたいのが、目覚ましのスヌーズ機能(繰り返し)はいますぐ廃止。

 

余裕持ってアラームを鳴らさない。

 

これに尽きます。

なぜかというと、スヌーズ機能は寝坊しないために便利な機能ですが、あれ心のゆとりになりませんか?

また鳴るし・・・って二度寝しません?

そしていつの間にやらスヤスヤ・・・。

恐怖です!!

余裕なんて持つからこんなことになります。

時間に余裕を持つなんてことは、出来た人間がすることです。

我々のような人種はそんなことしてはだめ!

時間をあればあるだけ使います。

 

だから準備の時間を逆算して、ゆとり10分程度を持って起きましょう。

2時間で準備が出来る人は、2時間10分前に起きます。

ちなみにここでの準備というのは、食事やお弁当作りも含んだ時間です。

 

スケジュールの管理が出来ない人は、自分がどれだけの時間を要して

全てのことを行えるのか分析出来ていません。

ですから、何に何分かかるのかを明確化します。

ここで大事なのは、頑張って10分なんて区切りをしない。

絶対に出来る時間を書いてください。

 

次にデッドタイムにアラームを鳴らす。

もう家を出ないとダメな時間10分前にアラームを鳴らします。

ここで選ぶ音は自分の嫌な音を設定すると良いでしょう。

なぜなら焦るからです。

やばい、この音がなったということは時間がギリギリなんだ!と思わせるのです。

 

注目して欲しいのは、自分が準備する時間が明確化され、起きる時間が設定されるので、この音がなったということは家を出よう。が正確な動きとなります。

 

10分前に移動が出来るということは、心に余裕が生まれるということです。

朝から髪の毛を振り乱して、階段を1段飛ばしで走る必要もありません。

電車通勤の方は、ホームには乗る電車が来る10分前には着いています。

朝からテンションが全然違いますよ!

これは私が実際今も行っている方法となります。

 

いつもギリギリで駅までダッシュしていたことが嘘のように、のんびり歩いて駅に向かい

ホームで本を読みながら待つ生活に変わっています。

 

是非挑戦してみてください。