じゅーんのブログ

30代独身女が色々と挑戦するはなし

私が考えるSNSとの向き合いかた

SNS疲れという言葉をこの数年よく聞きます。

スマートフォンが普及して10年。

SNSもこの10年でかなり増えました。

 

わたしが最初にはじめたSNSmixiでした。

Mixiをしていることがステータスでした。

その後TwitterFACEBOOK Instagram・・・・

などなど登録をしましたが、今動いているのは

TwitterInstagramです。

Facebookは早々に辞めてしまいました。

 

ではTwitterInstagramで何をしているのか。

Facebookはなぜやめたのかを書いていこうと思います。

 

まずFacebookを離れた理由は単純です。

単純に疲れたということがあります。

色々な人に気を使って、「いいね」したりコメントを残したり・・・

フォローしている友達みんなにしないと、感じ悪いし

Facebookってやることが非常に多い。

当たり前ですよね、大前提として交流をするためのSNSなので。

自他共に認めるめんどくさがりの私にはストレスでしかなかったです。

そしてそこから得られる情報は、友達が元気でいることだけでした。

いや、大事なことなんですよ?

元気で居てくれて本当にありがとうなんですけど

学べることは一切なかった。

 

じゃあTwitterInstagramは??って感じですけど

まず前提として、リア友とは繋がらないということです。

Instagramは一応ダミー垢を作っていて、リア友はそちらで繋がっています。

一切更新していませんが(笑)

 

TwitterInstagramも趣味の情報を得るためにしています。

だから自分と共通の趣味がある人や興味がある人をフォローさせて貰っています。

どちらも一方通行で、いいね・コメントをしなくても後ろめたくありません。

それが一番楽。

そして実社会で私のことを知らないということも楽です。

顔を知らない誰かだから、話せることや聞けること。

わかるわかる!って共感をすることが出来ます。

 

SNSって本来息抜きをするためのものだと、私は思っています。

息抜く場所で疲れたら本末転倒です。

そんなの絶対に嫌だ。

だから私は疲れるSNSは辞めました。

Facebookをやめる時、やはり少しだけ勇気が必要でした。

このコミュニティから外れたら、繋がりが薄くなるかもしれない。

そう思って躊躇もしましたが、そんなことで切れる繋がりなら

最初からいらないなぁ・・・と思い退会をしました。

もちろん連絡手段がなくなった人もいます。

でも別に困っていないので、それで良かったんです。

もしかしたら、また再会することもあるかもしれませんが

その時が来たらお話し聞かせてくださいって気持ちです。

もちろん辞めたときは、どうしたの?って聞いてくれる子もいましたが

めんどくさくなったって正直に言うと、そうだよねーって納得してくれる子たちばかりでした。

 

SNSは強制ではないですし、大人ですから色々な考え気持ちの人がいて当然です。

楽しめる人は続ければ良いですし、ストレスだなって感じる人は

少しの勇気で楽になる方法があることも知って欲しいです。

 

人との繋がりが希薄だと言われています。

だからこそSNSで繋がって満足している人が多いのかもしれません。

でもそのSNSがプレッシャーだったり、人との暮らしを比べ出したら

私はもう潮時だと思います。

綺麗に着飾っていても、楽しそうな家族写真を載せていても

みんなどこかでは絶対苦労しているものです。

そこを割り切れない人はSNSなんて辞めて自由に生きるべきと私は考えます。