30代独身女の日常

30代独身女が色々と挑戦するはなし

【営業女子が考えるサロン経営】数字に敏感になることそれが売上に繋がる

サロン経営をするに当たって、数字目標ってたてていますか?

 

大まかな数字のたてかた

個人サロンさんの場合、なんとなくの数字組み立てをしている方が多いようです。

個人経営とはいえ、間違いなく経営をしているのですから

利益に対して敏感になっても良いはずです。

まずやるべきことは、大体の平均的な収益を算出します。

 

そこから、経費を引いた金額が自由に使えるお金になってくるのです。

一般企業でいう、お給料ですよね。

今のその金額で足りますか??

携帯代や保険代、家賃などなど・・・

生活をする上で必要なお金って結構ありますよね。

いや、もう少し欲しい。

貯金したいし・・・という方も多くいらっしゃると思います。

その次にするべきことは、足りないお金を稼ぐためには、

平均単価当り、あと何件施術が必要なのかを考える必要があります。

そしてその数字は達成出来る件数なのか、どうかも見極めることも大事です。

もし、それじゃダメだと思った場合。

だったら、どうすれば良いのか。

簡単です、新規の1件を狙うことも大事ですが、既存のお客様の単価を上げること。

これに限ります。

その上で、もう一度計算をしてみてください。

今度はいかがでしょうか?

それでも足りない場合は、予算組がそもそも間違っていることです。

もちろん努力でどうにかなることもあります。

しかし、その為にはある程度のお金が必要です。

その数字は最終目標にしましょう。

もう少しハードルを下げての目標をたてる。

そして計算をする。

この繰り返しです。

 

目標は長期・短期で立てる事

最終的な利益目標・年間の利益目標・直近3ヶ月の利益目標。

それぞれを組み立てましょう。

そして、1つ1つ目標に対してどう計画を練っていくのか。

それを考えることが大事です。

目標を達成させるには、戦略が必要です。

もちろんその戦略はその目標によっても変わってきます。

ただただ目標をたてるのではなく、その目標に対して

どう努力をしていくのかが、大事です。

そしてそれを考える時間が絶対に必要なのです。

もし頑張っても、達成が出来ないこともあるかもしれません。

それは、アプローチの仕方が少し違うだけなので軌道修正をかければ

問題ありません。

そのために、小さな目標を組み立てることが大事になってきます。

あれ?違うなと感じたら、すぐに動くこと。

なかなかお客様増えないなぁ・・・と現状維持でいても

一生増えません。

信念は変える必要ないですが、手段は変えていかなければ

成長はないです。これは自信を持っていえます。

視野を広げるために、本を読んだり、人の話を参考にすることも

良いと思います。

とにかく色々な情報をキャッチ出来るようにしていくことが

1番の成功の近道と私は考えます。

 

今悩んでいる経営者の方、お店を開ける腕があるのですから

絶対に大丈夫です。

頑張ってください。