30代独身女の日常

30代独身女が色々と挑戦するはなし

【サロン経営】個人サロンのSNS運営

30代営業女子が友人の個人サロン経営を手伝ったはなし。

今回はSNSの運営について。

個人サロンの運営アカウントを覗くと、よく見る文として

「24時間DM受付中」の文字。

私が友人の側で見ていた感想と、営業職(少々ブラック)の経験を踏まえて言うのなら

絶対にやめた方が良い。

 

24時間DMを受け付けるということ

24時間受付中です!と謳ってしまうと、これずっとSNS

気にしていないとダメということなのです。

私は仕事柄自分が休みの日でも電話がなります。

ですから、常に仕事用の携帯を気にしつつ過ごしています。

それは旅行の時もです。

もう慣れてしまっていますが、なかなかのストレス。

好きで始めたサロン経営が、ストレスになるって悲しいです。

しかもそれを自らの手で行うなんて。

ではどうすれば良いのか。

 

予めルールを決めておくこと

とても簡単なことです。

何のためにSNSを行っているのかということです。

お客様を呼びこむ為の仕事なのです。

それを業務時間外に行うということは

なかなかのブラック企業です。

ですから、最初からお客様にお知らせしておくことをオススメします。

自営業は自由に出来ますが、その線引きを誤ると

自身の首を絞めることになります。

一度でも会社勤めをされた方は解るはずです。

決められた時間に最高のパフォーマンスをする。

それこそがプロだと私は考えます。

 

お客様は友達ではない

色々な方にサロンの内情を聞くと、一対一で施術行うからなのか

とても近く感じて友人のように振る舞う方がいるようです。

相手はお客様ですし、無碍にはできませんよね。

もちろん自分自身も友人と認めた場合は良いのかもしれませんが

どうしても仲が良くなると、色々なことが御座形になります。

そして特別な扱いを受けたくなるのが人間のワガママです。

仲良くお話をしても、あくまでもお客様であるということは

頭においてお話をした方が良いです。

それはSNSでも同じです。

あの人にはコメントを残したのに、私には・・・と思う方もいます。

コメントを残す、イイネをする。

正直なかなか苦労します。

ですから、お店のことを記してくれた方には

感謝を込めてコメントを残す。

しかし他のコメントにはイイネで反応。

など、全員同じ条件で残すことが大切です。

 

インスタはずっとやっているから大丈夫。

そう思っている方は多くいるはずです。

私もそうでした。

比較的苦労なく更新出来るタイプと思っていましたし

今でもその気持ちは変わりませんが

プライベートのSNSと仕事のSNSは意味が全く違います。

あくまでも仕事。これを念頭において更新をすることをオススメします。