じゅーんのブログ

30代独身女が色々と挑戦するはなし

【新米店長向け】はじめて店長になる人へ

長い間店長・SVという仕事をしてきました。

多くのスタッフさんを見てきて、一番大変だと感じたことは

スタッフの育成の部分です。

特に新米店長さんは、自分の部下が出来るわけですよね。

責任という重圧の中、さぁ、頑張るぞーという気持ちとは裏腹に

「あれ?上手くいかない・・・」という現実とのギャップを感じたことがある人は、

私だけではないはずです。

 

こうして欲しいのに、うまくいかない。

何でやってくれないのだろう。

一生懸命にすればするほど、沼にはまってしまうという

悪循環に陥ったことがある人は少なくないと思います。

一生懸命に仕事をしているからこその悩みです。

これは私自身がそうでした。

今思えばがむしゃらに頑張ってたなーと思い、笑うこともできます。

 

スタッフが仲良く楽しく仕事出来たらそれでいいです。

そんなことをいう店長さんをよく見ます。

確かに楽しく仕事をするというのは、聞こえがいいのですが

何をする為ににここに来ているのか、考える必要があります。

私たちは「仕事をする」ために来ているのです。

私が店長に必ず言う言葉があります。

 

「別に仲良しにならなくてもいいよ。」

 

みんな仲良く、仕事終わりにはご飯に行って~という考えは

もう古いと思っています。

もちろん、何かをやり遂げた時にお疲れ様とねぎらうことは大切です。

しかし、みんなでご飯に行くことで私たちは仲良しだ!

と勘違いをしている店長も多くいます。

仲良しなお店だからと言って、スタッフのモチベーションが高くなることは

ありません。

なぜなら、なぁなぁになってしまうからです。

お店の仲間は仕事仲間であって、友達ではありません。

ですから、仲良しである必要はないのです。

そんなことより同じ目標を掲げ明確にしてあげる方が

大切だと私は考えています。

 

その目標に向けて、どう動いていくのかをスタッフ一人一人と話をしていきます。

なぜ一人一人なのかというと、それぞれの能力が違うからです。

それぞれの個性違うように、同じように伝えても理解が出来るはずがないのです。

ここで大きく躓く店長が非常に多く感じます。

分からないのではなく、分かるように話をしていないと考えないといけません。

伝わらないのではなく、伝えられていないのです。

(まれに本当に伝わらないスタッフもいますが・・・)

物の見方は片方だけでなく両方から見ないと見えてこないものが多いです。

 

伝え方、伝わり方、受け取り方は人それぞれなのです。

人の数だけ感じ方があります。

正確に物事を伝えるというのは、本当に大変なことなのです。

店長の業務において、スタッフへの指示は大変重要な仕事です。

指示が伝わらないと、同じ方向へ向かうことができない場合があります。

伝えるということを意識すると、スタッフとの関わり方も変わってきます。

是非意識してみてください。

 

 

手書きの手帳が楽しい

昔から予定を建てることが好きでした。

だから夏休みの計画表は割と一生懸命書いたし

毎朝きちんと確認をする子供でした。

中学生になると、生徒手帳を大事にしていました。

初めて持った「手帳」は大人になった気分です。

当時好きだったアイドルの雑誌の切り抜きを挟んでみたり

友達の誕生日を書いてみたり

好きだった男の子の写真を挟んでみたり・・・

見ると「ふふふ」ってなれる、大事なものでした。

 

・初めて購入した手帳は中学3年生

初めての手帳デビューは受験を控えた3年生。

当時塾に通って・習い事もいくつかしていたので

なかなか多忙な日々を過ごしていました。

昔から忘れっぽいという残念な頭だったので

手帳を持とうと思ったきっかけは

忘れ物防止のためでした。

宿題やテスト勉強の計画、習い事への持ち物や先生からの指摘

お友達との約束や思ったこと・・・

特にルール作りをした覚えもないけど

今の手帳の使い方のルーツになっているのは間違いないです。

 

・手帳って楽しい

友人の中には「手帳を書くことはめんどくさい」という人もいます。

私は覚えておくことが、めんどくさいので忘れても良いために書きます。

大人になった今でも、中学生の時と書く内容は大して変わりないんです。

仕事の計画や進捗状況。上手くいったことや、やることリスト。あとは健忘録。

文章で書くというより、箇条書きになっていることが多いです。

多分わたし以外の人が見ても、よく分かんないと思いますが

過去の手帳を見て「あーあったあった!」って簡単に思い出せます。

わたしの唯一のルールはプラスの気持ちだけを書くということにしています。

手帳って勢いで書いちゃうこともあるから、後から見たときに嫌な気分にはなりたくない。

それが理由。

 

・マイナスな感情はデスノートへ(笑)

デスノートは言い過ぎだけど、マイナスの気持ちを吐き出す小さなノートを準備しています。

これはリングノートに書くって決めているんです。

どうしても生きていたら嫌な気分に陥ることがあります。

悔しかったこと・悲しかったこと・怒り・・・。

いつ・どこで・誰に(何に)その感情を抱いたのかを頭を整理するために書きます。

マイナスの気持ちって、外に出すことによって晴れませんか?

感情を押し殺したところで、怒りや悲しみは増幅します。

なので我慢はせずに、吐き出すって作業をします。

ただし、怒りの感情は誰の特にもならない(特に人に対しての感情は)

見ても全然面白くないので、ある程度落ち着いたら破り捨てるようにしています。

これがルール。

マイナスの感情なんて大切にする意味がない。

ただ、悔しかったことや失敗したことは、後で見返す為に保存です。

これはわたしの財産。でも手帳には残したくないっていう

わたしの小さな小さなプライドです(笑)

しょーもないですよね💦

 

・手書きの手書きが好きな理由

もちろんスマホでも予定の管理はしています。

というかスマホに打ち込んで、手帳に転記している形です。

大体手元にありますし便利ですもんね。

じゃあなぜ手帳を主に管理しているのか。

手帳の方が見やすい。自分の文字で書いた方が頭に入る。手軽。

確かにいつも手元にあるスマホは、手軽に記入は出来ます。

ただわたしの場合、見返すのは断然手帳が見やすいと感じます。

入力は簡単だけどデータを見返すという点では紙に勝るものはない!

とこれまで試行錯誤して感じました。

 

そして手帳はある種のドラマがあります。

この頃はこんなこと考えていたのか!こんなことしたのか!

などなど・・・仕事でもプライベートでも振り返りをする時

めちゃくちゃ良いんです。

たまにテンション上がりすぎて恥ずかしくなることも書いてますが

きゃーって思いながら思わずページをペペペッと早くめくっちゃいますが

それもまた愛おしい時間だと思っています。

 

若い子にこそ今から手帳を書いて欲しい。

今の気持ちは今しか書けない。

こんなご時世だからこそ、大人にも書いて欲しい。

手帳は立派な財産になると思うから。